下肢静脈瘤は油断大敵|女性のオシャレを大きく妨げる

看護師

免疫細胞を使った方法

看護師

今後の治療

免疫治療は人間の免疫細胞を使う方法で、癌治療に実施されています。自分の免疫細胞を取り出し、免疫の力が癌増殖を防ぐようにしてから体内に戻す体に優しい治療方法です。細胞は血液や血液成分から取り出すので負担が少なく、細胞を活性化させるのは体外です。強化した免疫細胞を生理食塩水と共に点滴で戻すので、従来の痛みなどを伴う方法ではありません。抗癌剤や他の治療の阻害をしないメリットもある為、免疫治療を選択する人が増えています。即効性は期待出来ませんが、全身に散らばった癌細胞にも効果がある特徴があります。大きな癌なら小さくしてからの治療が良いので、他の治療方法と組み合わせる事になります。また、免疫治療は併用しやすいので使いやすい方法です。

知っておきたい知識

免疫治療は自分の細胞を使う方法ですが、健康な人でも異常細胞があるのは珍しくない為、免疫細胞を培養して体内に戻す行為は安心出来る方法です。免疫力は誰にでも備わっており、それを利用した治療になります。本来の体内システムを活用する事になるので副作用の心配が少ないのも特徴で、体力が無い方にも向いている方法です。しかし、軽度の発熱が起こる事はあるので知っておきましょう。免疫治療は患者に優しい方法として、今もこれからも選ばれやすい方法です。しかし、ちゃんと認定された病院であるか、事前にわかりやすい説明がされているかなどは確認するのが良いです。また、免疫治療にかかる費用についてや治療期間なども説明を受けておく必要があります。